茶道会館

茶道教室のご案内

茶事のお知らせ
茶会のお知らせ
懐石料理教室のお知らせ
茶道会館へのアクセス
お問い合わせ
 
出張茶道講師・撮影監修
アルバイトのお願い
茶道site

 

 

 

 


初心者のための稽古


 

初心者の茶事 『式の会』

日時   5月18日(金)19日(土)
会費   27,000円(消費税込)

参加者の皆様は客になり、茶事の流れに沿い、席入の仕方・蹲踞の使い方・懐石の頂き方・道具の取り合わせ等を様々な視点から正午の茶事を体験して、客の心得を身に付けることができます。

内容は一回から六回に分けており、一回目を受けた方は二回目、二回目を受けた方は三回目と順次に御参加をして頂きます。


   第一回 茶事とは
   第二回 小習の茶事とは
   第三回 道具の取り合わせ(和歌)
   第四回 道具の取り合わせ(禅語)
   第五回 伝物の茶
   第六回 利休・宗旦の侘茶

 

第一回は、茶事についての講話を致しますので10時30分迄に寄付待合の市松の間にお入り下さい。申し込みは茶道会館受付もしくは、電話かメールにてお申し込み下さい。

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-39-17
Tel 03-3361-2446
kitami@sadoukaikan.com


茶事1


式の会〈第一回〉 ー茶事とはー

 常の茶道の稽古は、お茶事の為の割稽古であると云われています。しかし、茶事そのものを知ろうとする時、普段のお稽古だけでは習得しにくいものがあります。

 茶事を特別に学ぼうとする時、茶事七式と呼ばれる分析で学び取ろうとする事が常ですが、この式ノ会では、例えば富士山の美しさを真実知ろうとする時、それは富士山を様々な方向から眺める事から始める様に、茶事と云うものを六回に分けて、角度を変えて、見つめてみる事でその真実を知る足がかりとして頂ければなによりです。

〈講話〉
茶事を知る上でその歴史を遡って見ておき、茶事の目的を知る土台として頂きたい
茶事の形式 −亭主と客−  等々

〈実習〉

 亭主のもてなし作法を垣間見ながら、客の形式・作法(寄付・待合・腰掛待合・つくばい・そして席中の所作・懐石の作法・炭手前・中立・濃茶・薄茶・等)を実習体験頂きます。

 


茶事2